人にやさしい、地球にやさしい。わたしたちは、布おむつレンタルを通じて、子育てを応援しています。

MENU
  • お問い合わせ・資料請求

布おむつと紙オムツの比較布おむつと紙オムツの比較

イメージ写真:布おむつと紙オムツの比較
布おむつと紙オムツ。
―どっちを使ったらいいのかな?どっちがお得?
出産を迎えるお母さん、子育て真っ只中のお母さん。
一度はそんな疑問が、ふと頭を巡ったことがあるのではないでしょうか。

「経済面はどうかしら」「布おむつは大変そう」「紙オムツのゴミも気になるけど…」
コーベベビーのレンタル布おむつの比較も加えて、それぞれのコスト面・生活面・環境面を覗いてみましょう。

赤ちゃんのおむつ使用枚数の目安

1日合計
0ヶ月~3ヶ月12枚360枚1080枚(3ヶ月間)
3ヶ月~6ヶ月10枚300枚900枚(3ヶ月間)
6ヶ月~1歳6ヶ月8枚240枚2880枚(1年間)
1歳6ヶ月~2歳6ヶ月6枚180枚2160枚(1年間)
2歳6ヶ月~3歳4枚120枚720枚(6ヶ月間)
3歳~3歳6ヶ月4枚120枚720枚(6ヶ月間)
3歳6ヶ月~4歳4枚120枚720枚(6ヶ月間)

コスト面ではどうなの?

  • 紙オムツ
    1枚あたり 20円前後
    (枚数)1日6〜12枚
    (費用)約6060円/月平均

      例)おむつ外れまでにかかる費用
      3才で外れる場合 → 6,060円× 36ヶ月 = 約218,160円
  • 布おむつ
    1枚あたり 150円〜
    用意する枚数 40〜50枚(約6,000円〜7,500円)
    おむつカバー 1枚1,000円前後 (成長に合わせて適宜に買い替え)

      例)おむつ外れまでにかかる費用
      おむつ6,000円 + おむつカバー10枚10,000円 = 約16,000円 + 水道代 +洗剤代
  • レンタル布おむつ
    昼間や保育所では布おむつ、外出時や夜間は紙オムツなど、生活スタイルに合わせて上手に使い分けられる方が増えています。

    併用パターンでご紹介します
    (枚数)レンタル布おむつ1日4〜5枚 (1ヶ月120枚)+紙オムツ2〜4枚
    (費用)月平均 約9400円(レンタル布おむつ 7,600円+紙オムツ約1800円)

      例)おむつ外れまでにかかる費用
      2歳半で外れる場合※ → 9,400円×30ヶ月=約282,000円
    ※布おむつをご使用いただくとトイレトレーニングがスムーズにいく場合が多いため、2歳半で計算しています(個人差があります)

生活面ではどうなの?

  • 紙オムツ
    メリット
    • 吸収した後も比較的サラッとしている
    • たくさん吸収できる
    • 大人のタイミングで交換が可能(お知らせラインを目安に/外出時も便利)
    デメリット
    • 定期的に購入が必要(運ぶのが大変!!)
    • かさばるので、収納に場所をとる
    • ゴミ捨ての手間がかかる(水分を含んでいるので重い!!)
    • メーカーによって合う合わないがある
    どんどん性能がよくなっている紙オムツ。
    外出時や夜間、お母さんの体調がすぐれない時などには、便利ですね。
  • 布おむつ
    メリット
    • 一度購入すれば長く使える(兄弟で共用することも可能)
    • 排泄のタイミングが分かる(健康チェックができる)
    • 交換回数が多いのでコミュニケーションが増える
    • 濡れている不快感を感じる
    デメリット
    • 紙オムツよりも交換回数が増える(基本的に毎回交換)
    • 下洗い、洗濯、収納などの手間がかかる
    • 干す場所に困る
    • 外出先でおむつを変えた場合、汚れたおむつを必ず持ち帰る必要がある
    洗濯はたいへんだけど、「”育児してる”って喜びを感じる」という意見もあります。
  • レンタル布おむつ
    メリット
    • 自宅で洗濯をしなくてよい
    • 買いに行く手間がいらない
    • ゴミがほとんど出ない(おしり拭き等使用した場合のみ)
    • 赤ちゃんとの時間が増える
    • いつも柔らかい(繊維の劣化などの心配がない)
    デメリット
    • 費用がかかる
    布おむつの良さと、時間のゆとり、いいとこどりがレンタルの良さですね。

環境面ではどうなの?

命あるものなら、生きていくうえで排泄はなくてはならない大切なものです。
生まれたときから生涯を終えるまで、必ず続いていくもの。
だからこそ、排泄で環境に負担をかけてしまうのは悲しいですね。
子どもたちに明るい未来を残せるように、少し環境の事を考えてみましょう。

  • 紙オムツ
    メリット
    • 近年では紙オムツを燃料(ペレット)にする技術が話題になっている
    デメリット
    • ごみが多く出る → 4日分の紙オムツは約5kgにもなります
    • 焼却時に有毒ガスが発生する場合がある
  • 布おむつ
    メリット
    • お風呂の残り湯や、天然素材の洗剤を使用することで環境への負担を軽減できる
    • 使えなくなったおむつは、雑巾として活躍できる(窓拭きに良いです)
    • 自宅にある布で布おむつが作れる
    デメリット
    • 水道・電気の使用回数が増える
    • 排水が増える
  • レンタル布おむつ
    メリット
    • 商品として使えなくなったものは、工業用の雑巾として再利用される
    • 使い終わった水は浄化してから排水している
      (排水を浄化してくれるプランクトンは、窒素・リン・カリウムが含まれているので肥料として再利用される)
    • 省エネ・節水への取組み
      (1枚当たりで計算した場合、ご家庭で洗濯するよりも、工場で洗濯した方が少量の水で済みます)

いかがでしょうか?紙オムツと布おむつ、それぞれに特徴があります。
自分の生活に合わせて、使いやすいものを選んでいきましょう。